写真のバックアップにAmazonフォト

こんにちは、iori(@iori22)です。

今日は写真のバックアップに使用しているAmazonフォトを紹介したいと思います。
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5262648051

Amazonフォトの特徴

利用の決め手となったところを紹介していきますね。

容量無制限

画像なら完全に容量が無制限になります。
動画は5GBの範囲内なら保存ができますが、5GBを超えて動画を保存しようとすると有料プランが必要になります。

無圧縮で保存可能

同じようなサービスのGoogleフォトは容量無制限ではありますが、データを圧縮して保存しています。
Amazonフォトは保存時にデータの圧縮や劣化は一切かかりません。

Google フォト - 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる
すべての写真が安全にバックアップされ、ラベルで自動的に整理されるので、目的の写真をすばやく見つけて自分好みに編集し、共有できます。

RAW画像の保存も可能

RAW形式の画像の保存も無制限で可能になっています。

スクリーンショット 2019 07 11 13 18 59

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon PhotosおよびAmazon Driveのファイル要件

Amazonフォトの使い方

実際の使い方の紹介です。

Amazonプライム会員になる

まずはAmazonプライム会員になる必要があります。
会費は¥500/月か、¥4,900/年の2通りですね。
Amazonフォト以外にもプライム会員のメリットは非常にたくさんありますので、年払いで登録しておくことをオススメします。

Amazon.co.jp: Amazon Prime

専用アプリを使いアップロード

Mac、iOSの専用アプリが用意されています。
Mac版のアプリをインストールして、Mac内の写真をアップロードしていきます。

前回の記事で写真の管理をiCloudへ移行した際に、Amazonフォトの導入もしています。

写真管理をgoogleフォトからiCloudへ
こんばんは、iori(@iori22)です。今までGoogleフォトをメインで使ってきた写真環境を一新しました。環境の移行も含めてご紹介していきたいと思います。今までの管理環境今まで写真の管理に使っていたツールを紹...

iPhoneで撮影した写真も自動でAmazonフォトへアップロードされるようになっています。

Amazonフォトは写真バックアップとして導入すべき

撮りためた写真のデータの消失は何としても避けたいですね。

ローカル管理だと物理的な故障のリスクがあります、クラウド管理を上手に組み合わせることでリスクの分散を行えます。

コメント