PITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6はiPad mini 6をワイヤレス充電に対応させる夢のケース

どうも、いおり(@iori22)です。

値上がり前に滑り込みで購入できたiPad mini 6、毎日便利に使っています。iPad mini 6は基本的にはUSB-Cケーブルを使って充電する方法です。iPhoneやAirPods Proなどでワイヤレス充電に慣れてしまうと、iPad mini 6も同じようにワイヤレスで充電できると便利ですよね。そこで、今回はiPad mini 6を疑似的にワイヤレス充電のように使えるPITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6をご紹介します。

PR

こちらの製品はメーカー様より製品提供を頂いております。

目次

PITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6とは?

ガジェット好き界隈ではメジャーなPITAKAから発売されたPITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6はiPad mini 6をワイヤレス充電に対応させることができる夢のようなケースになります。と言っても、完全なワイヤレス充電ではなく疑似的にワイヤレス充電に対応させるケースといった感じです。

開封して付属品をチェック

パッケージの写真からワイヤレス充電の特徴が表現されてますね。

真っ黒な箱にツヤありでブランドロゴ

外箱の中には更に黒い箱が入っていました。高級感が感じられるパッケージングです。

磁力で蓋が止まっている黒箱を開封すると、簡単な使用方法が記載されているクイックスタートガイドのような案内がお目見え。

アラミド繊維の背面にバツ印の充電端子
内側は傷の付きにくい柔らかめの素材

背面デザインはPITAKAお馴染みのアラミド繊維を使用した高級感あるデザイン。真ん中のバツ印が専用充電器を磁力で貼り付ける端子部分。内側はiPad mini 6本体に傷が付きにくいように柔らかめの素材が使われています。

ケース内側にUSB-C端子

このPITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6最大の特徴でもあるワイヤレス充電、その秘密がケース内側にあるUSB-Cコネクタなのです。iPad mini 6本体をケースに収める時に、このUSB-CコネクタをiPad mini 6に接続して使います。

こちらが専用のチャージャー。表面は黒のプラスチック、装着面は斜めに金属端子が並び、ゴムっぽい素材で覆われています。ケーブルはUSB-C接続になっています。

別途USB-C充電器が必要になります。20Wか30W辺りの充電器が良さげ。僕はベルモンドのUSB-C充電器を使用する予定です。

BELLEMOND(ベルモンド)
¥1,798 (2022/08/07 18:02時点 | Amazon調べ)

ケース背面のマグネット式充電端子に専用チャージャーを貼り付け、ケース内部配線を通してUSB-CコネクタからiPad mini 6本体へ電力が供給されるという仕組みになっています。厳密にはワイヤレス充電ではないですが、ワイヤレス充電のように便利に充電できる機能を持つのが、このケース最大の特徴となっています。

Apple Pencilの落下防止用のホルダーも付属。このホルダーは取り外しが可能なので、Apple Pencilを使っていない人でも邪魔にならずにケースを使うことができます。

実際にiPad mini 6に装着してみる

ケースの作りとしてiPad mini 6本体の外周をカバーしてくれる構造なので、万が一の落下でも安心感があります。液晶面よりもケースの縁の方が高さがあるので、液晶面を下にして置いても傷がつく心配は少なめ。ちなみにNIMASOの保護ガラス付けてますが干渉せずに使えてます。

いつ見てもアラミド繊維は美しいな

もちろんケースの上からでもApple Pencilの充電は可能ですが、磁力は若干落ちるので落下の心配があります。そこで、ホルダーを使用することで、カバンの中でApple Pencilがどこかに落ちて探さなきゃ的な事も防げます。

PITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6の使い心地

使い勝手ですが、総じて満足度の高い製品だなと感じています。

充電する時はケース裏側の端子の所にチャージャーを近づければ磁力でピタッと付いてくれます。底面のコネクタにケーブル刺すよりも数倍簡単に充電ができます。

専用チャージャーの金属端子と、ケース背面の金属端子が繋がると充電される仕組み、チャージャーの取り付け位置は縦でも横でもどちらでもOKです。

僕の使い方としては家の中で使う時には常にこのケースを装着している感じです。家の中で使う分には液晶部分のカバーは不要、サッとiPad mini 6本体を掴みすぐに使える方が便利。バッテリーが少なくなってきたらチャージャーを背面に近づけるだけで充電スタート。結構快適に使えています。

PITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6の残念ポイント

PITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6を使う上で唯一で最大の残念ポイントはUSB-Cのポートが使えなくなる事です。

ケース内部のUSB-CコネクタをiPad mini 6本体のポートに繋げるので、写真のようにUSB-Cポートは使えなくなります。iPad mini 6のUSB-Cポートを充電以外の用途で頻繁に使う必要のある方はお勧めできません。

僕はiPad mini 6にハブを繋いだりすることもないですし、充電以外の用途でUSB-Cポートを使うこともないので特に残念に感じる部分でもないです。

PITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6レビューまとめ

今回はPITAKA MagEZ Case Pro for iPad mini 6をレビューしました。今のところ他社から同じような製品は発売されておらず、今まで体験したことの使用感が味わえます。

もちろん普段から有線での使用頻度が高い方には不向きなケースですが、僕的にはメインケースでメチャメチャ使っています。価格は少し高めですが、PITAKA安定の所有欲はしっかり満たしてくれる製品です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次