連載企画② 〜家を買う〜

住宅

こんにちは、iori(@iori22)です。

住宅購入までの連載第2弾でございます。

マンションという選択肢

2014年8月某日

その時住んでいたアパートのすぐ近くに分譲マンション建設の予定が出来ました。

近隣に住んでいる人限定で、モデルルームを一般の人より早く公開するという広告が入りました。

冷やかしがてら行ってみるかということで、早速夫婦揃って見に行きました。

あれ、何だろ、凄く良いね。

2人で住むのには妥当な間取りだし、駅から徒歩1分だし、予算的にも収まってるというか安い。

仕事で異動がかかり、地方に転勤することも無いとは言えない私の仕事。

マンションなら賃貸に出すという事も、一軒家よりハードルが低い。

2人の心が大きく揺れました。

担当の方が付いてくれて色々話も聞きました。

近隣の方へ早めに公開した理由としては、近くにあるニュータウンからの移動を狙っているとの事。

確かに、近くのニュータウンは出来てから結構経っています。外壁の塗り替えや、大規模なリフォームをしている家も見受けられます。

価格的な優待は出来ないが、なるべく希望の間取りを選んでもらえるように早めに公開したという理由。

このタイミングなら間取りも選べる、内装プランも選べる・・・

貰えるだけの資料と名刺を頂いてとりあえずは帰宅。

まずは落ち着いて考えようと、帰宅して妻としっかり話し合いました。

気持ち的にはマンションへかなり傾いていたのは間違いないです。

はい、決めました!

次の日は仕事だったので、二日後に改めて担当の方を訪ねました。

「決めます!このマンション買います!」

かなりのスピード採決です。

もちろん印鑑持参で行きましたよ。

モデルルーム早期公開されてから1週間程度経っていましたが、予想以上の申し込みを頂いているとのこと。

無事仮契約をこの日に結びました。

そして、次の日に改めて妻と共に伺い、オプションの確認と本契約を結ぶ事になります。

ここからが大変だった・・・

内装の色、オプション、諸々の手続き。

時間に追われ、準備に追われ、怒涛の日程が始まります。

その話はまた次回に。

コメント