連載企画⑤最終回 〜家を買う〜

住宅

こんばんは、iori(@iori22)です。

本日は住宅購入までの連載企画最終回になります。

内覧会

いよいよ引っ越しも一ヶ月後になりました。

このタイミングで開催されたのが内覧会です。

当日は各住戸に入り、内装や傷の有無を確認する機会になります。

物を置いてないと凄く広く感じます(笑)

何箇所か傷が確認されたので補修を依頼。

もちろん無料で直してもらえます。

駐車場落選

敷地内の駐車場は機械式と平置きの二種類。

もちろん平置きを希望し抽選に挑みましたが、見事落選。

隣の敷地にある砂利の駐車場を借りました。

引き渡し

いよいよ鍵の引き渡しになります。

当日は貸会議室のような場所が会場になっており、そこで鍵の引き渡しが行われました。

鍵を貰えれば、あとは出入り自由です。自分の家という実感への第一歩を踏み出した感じがしますね。

念の為、内覧会時の傷の補修の確認へ向かいましたが問題なく補修済み。

引っ越し

引越し当日は、私達夫婦・私の弟・私の母親・友人二名の6名で実施。

その時住んでいたアパートからマンションまでは徒歩5分もかからないので、引っ越しは全て自分達で実施しました。

前住居で使っていた洗濯機のみ処分の必要があり、新しい洗濯機の配送のタイミングで引き取ってもらえるんですよ。

台車に洗濯機を載せて、マンションまで運びました。周囲からの熱い視線が忘れられません。

そして、今に至る

こうして購入までの過程を振り返ってみると、懐かしい思いがこみ上げてきますね。

まだ3,4年前の事ですが、自分の人生の中では一大イベントのように感じました。

ここのマンションに住んでみて、結果は満足してます。

住環境も良いですし、駅からも近く交通の便も良い。

価格も予算内でしたし、ローン金額自体は賃貸時の家賃と同等です。

家を買うなんて想像も出来ない時代もありましたが、買う事自体は凄くあっという間でした。

世間では、分譲派と賃貸派の議論も見かけます。

自分としては、分譲派。

もちろん双方にメリット・デメリットありますが、やはり自分で家を買ったというのはある種の自信にも繋がってくるのではないかなと感じます。

自分に適度なプレッシャーをかけ、仕事を頑張り、プライベートを充実させる。

こんな生活が続けられるように今後も精進してまいります。

コメント