iPhone・iPadのショートカットアプリで利用しているレシピ

こんにちは、iori(@iori22)です。

今回は私が普段使っているショートカットのレシピを紹介していきたいます。

かなり便利に使え、効率化にも繋がるものが多数ありますので、是非参考にしてみてください。

ショートカットとは?

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

様々な機能を自動で処理する仕組みを作ることができるアプリになります。
iOSのショートカットはSiriと連携でき、音声で操作することも可能になっています。

似たようなサービスでIFTTTがありますね。

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

利用しているショートカット

私自身が利用しているショートカットを並べていきます。

Wi-Fiスイッチ

1番シンプルなレシピですね。
コントロールパネルからでは、Wi-Fiの完全なOFFが出来なくなってしまいました。
このレシピを作成しておけば、ウィジェットからワンタップでOFFが可能になります。

ステータスバー削除

iPhoneでスクリーンショットを撮った際のステータスバー削除のレシピです。この画像の数値は、iPhone XS MAXに合わせた数値になります。

iPad Proスクリーンショット(横向き時)のステータスバー削除レシピ

2018年モデルのiPad Pro 12.9インチに合わせた数値です。

iPad Proスクリーンショット(縦向き時)のステータスバー削除レシピ

2018年モデルのiPad Pro 12.9インチに合わせた数値です。

画像圧縮

ブログに画像をアップする際に利用する、画像圧縮レシピです。撮影したサイズのままだとレスポンス遅くなったりしますからね。

これ以外にも、WEBページ上で圧縮ができるサービスも利用してます。

TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency
Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your PNG images by 50-80% while preserving full transparency!

アプリアイコン取得

アプリの紹介の際に利用する、アイコン画像の取得レシピです。

AppStore上で、希望のアプリを表示して共有メニューからこのレシピを選択すれば画像保存する事が可能になります。

※2019年7月20日現在使用できなくなっています。解決策見つけ次第追記します。

解決策を見つけました。下記のサイトの方のレシピで問題なくアイコンの取得ができました!

ショートカットでアプリアイコンを取得する方法
アイキャッチ画像の作成時に必要なアプリアイコンの保存方法です。

画像圧縮+WordPressアップロード

こちらは、画像を圧縮してWordPress上へアップロードし、アップロードした画像のタグをクリップボードへコピーまでしてくれるレシピになります。

初回は自身のブログURLを入力したり、WordPressへのログイン情報を保存したりする必要があります。

WEBページをPDFへ変換

使い所があるかは微妙ですが、閲覧しているページをPDFへ変換してくれるレシピです。

ショートカットレシピはiPhoneを更に便利にしてくれる

初めは設定などで、少し大変なところもあると思います。
そこさえ乗り越えられれば、劇的に便利になる事間違いなしですよ!
色々な方が、便利なレシピを公開されています。
是非、痒いところに手が届くレシピを探してみてください。

コメント