iPad miniで使いたいキーボードを考える

スポンサーリンク

こんにちは、iori(@iori22)です。

スキマ時間の有効活用の為に、MacBook Pro以外でもブログの更新ができる環境を整えています。

iPhoneではフリック入力で問題ないですが、iPad miniのソフトウェアキーボードは正直厳しい。そこで、iPad miniで使えるBluetoothキーボードを検討しています。

スポンサーリンク

Bluetoothキーボード購入候補6選

Bluetoothキーボードは大きく分けて、持ち運びに特化した折りたたみタイプと、タイピングに特化した被折りたたみタイプがあります。現在候補に上がっているキーボードをご紹介して行きたいと思います。

折りたたみタイプ

持ち運びに便利な折りたたみタイプから紹介。

Ewin 折りたたみキーボード

使用している人のレビューを見ても中々良さそう。ただ、連結部分の耐久性が不安。

出典:Amazon
  • Windows、MacOS、iOS、Androidへ対応しており、最大3つまでペアリングした機種を自動切り替え可能
  • 収納時サイズは約W145×H66×D12mm、重さは175g
  • US配列キーボード
  • 高級感のあるレザー製外装
  • 連続使用60時間、開閉で電源自動オンオフ

iClever Bluetoothキーボード

広げた時のカーブ具合が打ちやすさに貢献してるようですね。

出典:Amazon
  • Windows、MacOS、iOS、Androidへ対応(同時ペアリングは1台のみ)
  • 収納時サイズはW120×H65×D12mm、重さは174g
  • US配列キーボード
  • 高級感のあるレザー製外装
  • 連続使用60時間、開閉で電源自動オンオフ

エレコム ワイヤレスキーボード TK-FLP01BK

価格面でかなり買いやすい製品です。

出典:Amazon
  • Windows、iOS、Androidへ対応しており、最大3つまでペアリングした機種を自動切り替え可能
  • 収納時サイズはW145×H92×D15mm、重さは230g(保護ケース込み)
  • 電源スイッチがあり、不使用時の電池の消耗を防止

非折りたたみタイプ

タイピングに特化した非折りたたみタイプの紹介です。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

界隈ではお馴染みのAnker製のキーボードです。何よりも価格が魅力!

出典:Amazon
  • Windows、MacOS、iOS、Androidへ対応
  • サイズはW284×H122×D19mm、重さは190g
  • 取替え可能な単4形電池と省電力モードによって3ヶ月以上の使用が可能

ロジクール ワイヤレスキーボード K480BK

PC周辺機器ではお馴染みのロジクール製品。重さが気になりますね。

出典:Amazon
  • Windows、MacOS、iOS、Androidへ対応、最大3つまでペアリングした機種を自動切り替え可能
  • サイズはW299×H195×D20mm、重さは815g
  • 取替え可能な単4形電池使用
  • 丈夫にタブレットやスマートフォンを設置できるスタンドがあります

Apple Magic Keyboard

大本命!Apple純正のMagic Keyboardです。価格がネックにはなりますが、純正の安心感と所有欲は間違いなし。

出典:Amazon
  • Apple純正のクオリティ
  • MacOS、iOSに対応
  • サイズはW279×H115×D4〜11mm、重さは231g

Bluetoothキーボード購入候補6選のまとめ

Ewinの折りたたみキーボードか、Ankerのウルトラスリムキーボードが今の所の候補ですね。価格的にも試しやすい価格です。iPad miniにBluetoothキーボード合わせて使って、気づいたらAppleのSmart Keyboardが使えるiPadを勢い余って買わないよう注意が必要です。

コメント