iPhone 13 Pro Maxが発売日に届いて1週間使ったインプレッション

どうも、いおり(@iori22)です。

前回の記事でもお伝えしましたが、iPhone 13 Pro Maxを購入しました。実は今までアップル製品を発売日ドンピシャで手に入れたことがなかったのです。今回は9月17日の予約開始に合わせてしっかり予約し、発売日の9月24日に手に入れることができました。

iPhone 13 Pro Max手に入れてからタイミング悪く中々休みがなく、仕事の往復と家での使用にはなりますが簡単にインプレッションなどを書いていこうと思います。

外観

手に取っての第一印象は「大きい」「重い」につきますね。もちろん初めから分かった上で購入しているのでデメリットには感じてませんが、中々の存在感。今まで使っていたiPhone 11 Proと比べてもだいぶ大きいですね。

iPhone 13 Pro Max

iPhone 12 miniを使っている妻へ見せたら「こんな大きくて重い携帯電話を持つなんてどうかしてる」と蔑んでくれました(笑)

背面のマットガラス、側面のステンレスフレームが何とも言えない高級感を感じられます。11 Proからの移行なので側面のデザインは大きく違いがあり、新鮮な印象を受けます。

iPhone 13 Pro Max

カメラ部分はかなり大きくなり、主張が強めになりました。カメラユニットの縦横もそうなんですが、出っ張りがかなり大きい。

iPhone 13 Pro Max

カメラ性能

今回のiPhone13シリーズは動画撮影の機能アップが大きいです。発表会でもショートムービーが流れていましたがシネマティックモード凄いですね。まだ家の中でしか撮影できていないのですが、素人でも中々の見栄えの動画が撮れてしまいます。

個人的に今まで動画の撮影ってあまりしてこなかったのですが、積極的使っていこうと思いました。

マクロ撮影もできるようになりました。

ディスプレイ性能

ディスプレイも最大輝度が上がり、晴れている屋外でも非常に見やすくなっています。

さらにリフレッシュレートが今までの60Hzから最大120Hzまで向上しています。Twitterのタイムラインを見ているときや、画面遷移の際に恩恵を感じられます。今まで以上にヌルサクに動きますよ!

iPhone 13 Pro Max買ってよかった

使い始めて1週間ですが、満足度は非常に高いです。革新的な機能の追加はなかったですが、毎日使うものなので細かい機能改善はありがたいです。

最後までProかPro Maxか悩んだ結果、大画面のPro Maxを選んだのも正解でした。Kindleやyoutubeが見やすいですし、WEBブラウジングも快適にこなせます。

このiPhone 13 Pro Max使って今後は動画撮影なんかにもチャレンジしていきたいと思います。

関連記事