MagSafe対応で磁力で装着!MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)をiPhone 13 Pro Max用に購入

どうも、いおり(@iori22)です。

購入してからいつの間にか1年近く経ったiPhone 13 Pro Max。初めは大きさと重さに驚いていたものの、今ではすっかり慣れて便利に使っています。

ガジェット系ブロガーの方で使っているシーンを多く見かけるMOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)を今回購入しました。カードを入れられたり、スタンドになったり結構便利に使える製品です。

目次

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)の特徴

iPhone12シリーズから採用されたMagSafe機能を使って、iPhoneの背面にマグネットで取り付けることができるスタンドになります。

スタンドとしての機能だけではなく、カードを入れるスペースもありウォレットとしても使うことができるのです。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)
MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

パッケージはこんな感じでパウチ型になっています。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)
MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

開封するとこんな感じ。表面の素材はヴィーガンレザー、グラスファイバーも使用されており丈夫な作りで安心感があります。

実際にiPhone 13 Pro Maxに装着してみました。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

iPhone 13 Pro Max本体のカラーであるグラファイトとの相性を考え、アッシュグレーというカラーを購入しました。

iPhone 13 Pro Maxの背面に装着することでスタンドとして使用することができます。iPhoneでオンライン会議に参加する時や、動画視聴の時にオススメです。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

iPhone 13 Pro Max購入時からずっと使用しているPITAKAのケース。裸の状態で装着するより、MagSafe対応のケースの上から装着した方が強度が増します。裸のままだと結構取れやすいですね。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)
神々しさすら感じる佇まい

こちらのMOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)にはカードを入れるスペースがあります。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

公式では最大3枚とありますが、結構パツパツになります。磁気カードはMOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)本体の磁力によりカードの磁気破損の可能性もあるそうです。

私は免許証のみ入れて使用しています。9割型の支払いはiPhone内のApple Payで事足りますので、ちょっとした外出ならiPhoneだけ持ち出せば車での移動もOKです。

スタンドとしての用途が目的での購入ではないのです

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)を購入した一番の理由はスタンドの利用ではなく、免許証が入れられてスマホリングのような使い道を想定して購入しました。

公式で推奨されている使い方ではないので、胸を張ってオススメはできませんが。

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

こんな感じで使っています。iPhone 13 Pro Maxは指だけで支えようとすると小指が死にます(笑)

MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)

裸の状態でこの持ち方すると軽い衝撃で外れて落下しますのでご注意を。

iPhone 13 Pro Maxだけで簡単な外出は可能になりました

僕は車の運転が好きで、よくドライブに出かけます。MOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)を購入してからは財布を持ち出さずにiPhoneだけ持って出かけることもできるようになりました。

コンビニやガソリンの支払いもキャッシュレス決済で問題ないですしね。アメリカの一部の州ではiPhoneのwallet内に免許証を登録できるようになるそうで、日本での実施も強く期待します。

こちらのMOFT Snap-On スマホスタンド(Magsafe対応)はMagSafe対応のiPhoneなら使用できますので、2022年9月に発売されたiPhone14シリーズでももちろん使えます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次